03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

Where my life happens.

  : 

為すがままに。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Seattle Supersonics 

Sonicsについて考えてみる。

Allen&Lewisを失った代償は大きい。
単純計算で47,8点を失った計算である。

Durantに対する期待は大きいが、
新加入したWest、Szczerbiak、Durant、Green
での穴埋めは厳しいと考えられる。

従ってディフェンスを固めるには良い機会であり、
PacersのHCを辞任したRick Carlisleは最適の人物だったと思う。

しかしSonicsはP.J. Carlesimoを選んだ。
過去5年SpursのAC職に就いていたが、如何なものかと思う。
ディフェンスの意識は高いと思うが。。。

今期は攻撃的なラインナップで勝利するのは厳しいであろう。

現在の主力は、
G…Ridnour、Watson、(West)
SG…West、Szczerbiak、(Wilkins)、(Gelabale)
SF…Durant、Green、、(Szczerbiak)、(Gelabale)、(Wilkins)
PF…Wilcox、Collison
C…Swift、Petro、Sene

である。

まずDurantは即戦力として使えるが、
如何せん細いために苦労するであろう。
Greenに関しても未知数だ。
nba.comでサマーリーグの模様が完全公開されていたので見たが、
予想通りであった。
Sene、Petroもまだまだ戦力として計算できない。

SGのスターターは、経験があるSzczerbiakが務めると思うが、
個人プレーに走る傾向にあり、若手にとっては悪影響であろう。
誰かとパックでトレードしても良いのではないだろうか。

得点力が無いために、Ridnourが個人プレーに走る傾向も考えられる。

不安要素はかなりあると言って良いだろう。

主力を同時に放出したのだから、数年は我慢が必要だろう。

完全に再建の時期に突入した。

数年間は温かい気持ちで見守りたい。



と真面目風に自分の考えを綴ってみた。
スポンサーサイト
Seattle Supersonics  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://supersonics.blog57.fc2.com/tb.php/78-53adba76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。