05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Where my life happens.

  : 

為すがままに。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

連敗ストップ! 

もうシーズンも大詰め。
プレーオフへ出場するチームも決まり、あとは調整と順位調整ってことでしょうか。
残念ながらSonicsはその争いに参加することはできず、ここ4年で3回もプレーオフ不出場とかつての強豪ぶりは何処へやら…
しかし来期はやってくれるはず。期待しましょう。
Wilcoxとの再契約も。。。


さて本日は、つい先日対戦したClipsと対峙。
この試合に負ければシーズン・スウィープされるところでしたが、なんとか意地を見せてくれ、圧勝することに成功しました。
チーム全体でバランス良くオフェンスを展開することに成功し、
3Q終了時点で26点もリードしていたので、4Qは主力を引っ込める余裕の展開。もしかしたらClipsも、そんなにこの試合頑張る気は無かったのかな、とも思います。

と言うのも、Clippersは今西地区全体5位だったのですが、この試合に負けたことにより全体6位になった訳ですが、この5位と6位の差は凄い大きな意味を持ちます。
全体3位にはNuggetsが、全体4位にはMavsが居る訳ですよ。
Nuggetsは勝率ではMavsを下回るも、地区首位の関係で3位に居て、Mavsは凄い成績にもかかわらず、これもまた地区の関係で4位に位置します。

もちろん全体6位で一回戦でNuggetsと戦う方が、楽でしょうからね。
しかしClippersは次戦で5、6位争いをしているGrizzliesと直接対決。
Clippers側も「負ける気は無い」と言っていますが、、、
ちょっと興味深いですね。

この試合Wilcoxも怪我から復帰し、9点8リバウンドとまだ復調していませんが、復帰してくれてよかったです。
彼自身も「ただ試合に勝ちたかったんだよ。そして試合に勝つことは、俺が凄いプレーするよりも良いことなんだよ。俺はずっとステップアップすることができたし、もしClippersにいたとしても同じことができたかもしれないよ。でもこれは良い機会なんだよ。俺はオールスター選手であるBrandのバックアップとしてだったから、なかなか出場時間を得られなかったしね。だからClippersのフロントは自分に活躍できる場所を探してくれたんだ。」とコメントしています。


この日21点でチームを牽引したAllenWilcoxに対して、「彼は素晴らしい才能を持ってるよ。僕はいつも彼と対峙するとこは嫌だったんだ。なぜなら彼は、いつも僕たちのチームのビッグマンより優れていたしね。もしリバウンドを取る機会がそこにあったとしたなら、彼はいつもそれをモノにするよ。でも彼にとってはKamanBrandと共にプレーするということは、出場時間を得るのは厳しいよね。だからClippersのフロントは、双方のチームにとって良い決断をしたと思うよ。」とコメントしております。


これに対してかどうか知りませんが、Radmanovicもコメントしてます。
「俺がチームを去って以来、彼らはもうここにはプレーオフへ出場するチャンスはもう無いということを知っただろうね。彼らはずっと若い選手たちでプレーしているし、来シーズンに向けて再建しているところだね。それは見るに堪えがたいね。でも俺はプレーオフに出場して本当に嬉しいよ。」と皮肉たっぷりなコメント。

腹立ちますね…


何はともあれ、Sonicsも今期残すところ後2試合。
KingsとNuggetsと対戦します。
ただ戦うだけでは無く、何かしら課題を持ってプレーして欲しいですね。個人的にはLewisにもっと得点してもらって、なんとか平均20得点はキープしてもらいたです。
スポンサーサイト

テーマ: NBA

ジャンル: スポーツ

Seattle Supersonics  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://supersonics.blog57.fc2.com/tb.php/22-f5af3655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。