04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Where my life happens.

  : 

為すがままに。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Rashard Lewis #9 

今更って気もしますが、Lewisについて。

NEWS

まぁ今回はパンピーと同じ意見(契約に見合ってない等)を述べるつもりはありません、パンピーと。
前回は自分でもそう言っていましたけど…(  Д ) ゚ ゚
…まぁ自分もパンピーなんですけど…(  Д ) ゚ ゚

Magic側はLewisにそれだけ期待しているという証しであり、Lewisもそれに応えられる能力を持った選手。
まだ伸びしろはあるし、彼自身が一番自分自身に期待していることでしょう(イチローの名言頂きました(笑))。

Magicは本当に好きな選手が多いので、Magic>Sonicsになるのは明白です。

しかしLewisがSonicsに残したものは大きいはずです。
きっとファンもスタンディング・オーべーションで迎えてくれることでしょう。

スポンサーサイト
Seattle Supersonics  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Seattle Supersonics 

Sonicsについて考えてみる。

Allen&Lewisを失った代償は大きい。
単純計算で47,8点を失った計算である。

Durantに対する期待は大きいが、
新加入したWest、Szczerbiak、Durant、Green
での穴埋めは厳しいと考えられる。

従ってディフェンスを固めるには良い機会であり、
PacersのHCを辞任したRick Carlisleは最適の人物だったと思う。

しかしSonicsはP.J. Carlesimoを選んだ。
過去5年SpursのAC職に就いていたが、如何なものかと思う。
ディフェンスの意識は高いと思うが。。。

今期は攻撃的なラインナップで勝利するのは厳しいであろう。

現在の主力は、
G…Ridnour、Watson、(West)
SG…West、Szczerbiak、(Wilkins)、(Gelabale)
SF…Durant、Green、、(Szczerbiak)、(Gelabale)、(Wilkins)
PF…Wilcox、Collison
C…Swift、Petro、Sene

である。

まずDurantは即戦力として使えるが、
如何せん細いために苦労するであろう。
Greenに関しても未知数だ。
nba.comでサマーリーグの模様が完全公開されていたので見たが、
予想通りであった。
Sene、Petroもまだまだ戦力として計算できない。

SGのスターターは、経験があるSzczerbiakが務めると思うが、
個人プレーに走る傾向にあり、若手にとっては悪影響であろう。
誰かとパックでトレードしても良いのではないだろうか。

得点力が無いために、Ridnourが個人プレーに走る傾向も考えられる。

不安要素はかなりあると言って良いだろう。

主力を同時に放出したのだから、数年は我慢が必要だろう。

完全に再建の時期に突入した。

数年間は温かい気持ちで見守りたい。



と真面目風に自分の考えを綴ってみた。
Seattle Supersonics  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Lewis to sign deal with Magic 

ソース

もうここまで断定的な報道をされると、決定かな…

Magicか…

でも正直マックス契約に見合う選手じゃ…(笑)

まぁこれから成長してくれると思いますけど。

Magicは結構好きです。
Doolingは大嫌いだが…

PG:Nelson/Arroyo
SG:Turkoglu/Ariza
SF:Lewis/Turkoglu
PF:Dwight/Milicic
C:Dwight/Battie

ん~楽しみです(笑)

でも背番号「7」はRedickが付けてるけど、流石に譲渡するよね?

カラフルなPatchが楽しみだな…(笑)

と、決まった前提で話してますが、Lewisのことなので、最後の最後まで何があるか分かりません(笑)。

決定してから色々と考えることにします。
Seattle Supersonics  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Lewis voids Sonics contract, will become free agent 

ついにLewisがSonicsを出て行くかもしれません。

情報ソース
日本語
英語

これを見ても分かりますが、
日本語のページは圧倒的に情報量が少ないので、駄目ですね。
もう少しコメントを入れるなりして欲しい。
疲れている時は英語読む気せんし。

それは置いといて…

Lewisは契約を2年延長するオプションを持っていたのですが、
それを破棄するそうです。
Sonicsのアドバンテージとして、最高額の契約を提示できます。
しかしそれも微妙…

数年前にも完全FAとなり、
MavsとSonics間で争奪戦が繰り広げられましたが、
結局その時はSonicsに落ち着きました。

しかし今回は状況が違うと思います。

FAになれば今夏の目玉選手になるでしょう。
他の目玉選手としてはBillups, Gerald Wallace。
もしかしたらVince Carterもそうなるかもしれません。
BillupsはPistonsと再契約すると思います。

それもどうでもいいんですが。。。

Lewis本人の意見を尊重したいですが、Sonicsに残留して欲しい。
しかし先月辺りから微妙な発言(どっちとも取れる)が多々見受けられます。

「来年、NBAのどのチームにいるか考えると、興奮するよ。」

「自分のハートはいつもシアトルにあるさ。
例え他のチームでプレーしていてもね。」

非常に微妙です(笑)。
Seattle Supersonics  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

What a luck!!! 

なんと!!!

Sonicsがドラフト2位指名権を獲得しました。
その指名権獲得確率はなんと8.8%!
よく引きましたね(笑)

久しぶりに良いニュースを聞いたような気がします…(笑)

現在全体1位指名権を獲得したBlazersが
おでん君を獲得すると言われていますが、
実際はまだ分からないのではないでしょうか。

おでん君はそんなに凄い選手なんでしょうか…
まだ分かりません。

ただ一つ確実に言えることは、おでん君…老けすぎです(笑)

Lebronが入団した時も年齢詐称疑惑が浮上しましたが、
おでん君はそれ以上でしょう(笑)

仮にBlazersがおでん君を指名したなら、
SonicsはDurantを獲りに行くでしょう。
これは断言出来ます。
Pistonsみたいにハズレくじを引かないようにしないと(笑)

しかし不安なのが、Durantを獲得するとなると、
Lewisとの再契約が非常に微妙になると思います。

ポジションも被ってるし。。。
Durantは若干インサイド系の選手ですけど、外も大丈夫な選手…
現状ではLewisの方が上でしょうが、
ポテンシャル的には負けるかもしれません。

自分としては、正直Lewisと再契約できるならDurant要りません(笑)。
ってのは嘘ですけど、自分的には強ち嘘じゃないかも。。。

ドラフト指名はいつ行われるんでしたっけ?

Lewisとの再契約が先なら良いですけど…

どうなることやら。

目が離せません。
Seattle Supersonics  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。